市制施行60年の犬山市のあゆみ


●1954年~1959年(昭和29年~昭和34年)

出来事
昭和29年 4月 市制施行
6月 真野幸太郎氏 初代市長に就任
7月 「広報犬山市」創刊 上木保育園開園
昭和30年 3月 第1回市議会議員選挙
5月 市役所新庁舎完成
10月 国勢調査人口35,910人
昭和32年 3月 羽黒簡易水道、楽田簡易水道給水開始
7月 天皇陛下(皇太子当時)行啓
11月 市営火葬場(白蓮荘)完成
昭和33年 3月 楽田西北野、塔野地市営住宅完成
4月 岡部益衞氏 市長に就任
昭和34年 3月 羽黒保育園完成
6月 犬山ユースホステル完成
9月 伊勢湾台風襲来
11月 じんかい焼却場完成

▲ページのトップへ戻る

●1960年~1964年(昭和35年~昭和39年)

出来事
昭和35年 4月 日本ライン記念碑除幕
7月 母子健康センター開所
10月 南部中学校開校
国勢調査人口38,202人
昭和36年 8月 第1回市民総合体育大会開催
犬山城解体修理起工式
9月 愛知用水通水
11月 白山浄水場完成
昭和37年 7月 ライン大橋完成
昭和38年 3月 犬山市体育館完成
昭和39年 5月 消防庁舎(現北庁舎)、と畜場完成

▲ページのトップへ戻る

●1965年~1969年(昭和40年~昭和44年)

出来事
昭和40年 3月 「明治村」開村
8月 犬山自動電話開通
10月 国勢調査人口43.007人
昭和41年 5月 名古屋大学地震観測所開所
8月 明るい青少年都市宣言
昭和42年 6月 京都大学霊長類研究所開所
11月 犬山城茶室完成
昭和43年 3月 天皇・皇后両陛下(皇太子・皇太子妃当時)行啓
市内各地に公社・民間による住宅団地建設が急増
8月 常陸宮ご夫妻ご来犬
昭和44年 4月 皇太子(浩宮様当時)行啓

▲ページのトップへ戻る

●1970年~1974年(昭和45年~昭和49年)

出来事
昭和45年 10月 国勢調査人口50,594人
福祉会館完成
昭和46年 4月 羽黒保育園開園
小島清三氏 市長に就任
10月 不燃物収集用ダストバケット、クレーン車を採用
昭和47年 2月 犬山自然保護条例制定
3月 簡易水道統合
4月 五郎丸保育園移転新築完成
昭和48年 4月 楽田西保育園開園
0歳児医療無料化
6月 「犬山市基本構想」策定
8月 東之宮古墳発掘
10月 立山町と姉妹都市提携
県営水道受水開始
昭和49年 2月 丸山保育園完成
3月 城東第2保育園完成
4月 市の木(かなめもち)、市の花(さくら)を制定
5月 勤労青少年ホーム開館
10月 消防本部・署新庁舎完成
今井開拓パイロット初出荷

▲ページのトップへ戻る

●1975年~1979年(昭和50年~昭和54年)

出来事
昭和50年 4月 楽田東・羽黒南保育園開園
7月 犬山・八曽自然休養林開園
10月 国勢調査人口58,731人
市役所庁舎増築完成
昭和51年 5月 養護老人ホーム改築完成
12月 心身障害児通園施設「ポニーの部屋」オープン
昭和53年 4月 犬山南高校開校
昭和54年 3月 南部老人福祉センター完成
4月 東小学校開校
松山邦夫氏 市長に就任

▲ページのトップへ戻る

●1980年~1984年(昭和55年~昭和59年)

出来事
昭和55年 4月 橋爪保育園開園
7月 いぬやまテレホンサービス開局
8月 第1回日本ライン夏まつり開催
10月 国勢調査人口64,614人
昭和56年 4月 休日急病診療所完成
昭和57年 4月 犬山西小学校開校
8月 市民文化会館開館
10月 犬山駅東土地区画整理事業開始
昭和58年 2月 城東小学校区コミュニティ推進協議会設立
3月 都市美化センター完成
武道館完成
昭和59年 4月犬山市民憲章制定
第2次総合計画スタート
東部中学校開校
5月 第1回自然観察会
10月 市民情報オンラインシステム稼働
12月 犬山上坂土地区画整理事業開始

▲ページのトップへ戻る

●1985年~1989年(昭和60年~平成元年)

出来事
昭和60年 2月 犬山駅東西連絡橋開通
3月 金絲猴を日本初公開
9月 平和都市宣言
10月 国勢調査人口68,723人
昭和61年 2月 犬山・立山雪まつり開催
7月 第1回犬山あゆまつり
昭和62年 2月 市文化資料館会館
3月 高齢者活動センター完成
6月 国際観光モデル地区に指定
7月 キャスティバル犬山'87開幕
昭和63年 3月 一般廃棄物最終処分場完成
11月 国際交流のまち推進プロジェクト実施市に指定
平成元年 2月 尾張北部聖苑完成
10月 公共下水道供用開始

▲ページのトップへ戻る

●1990年~1994年(平成2年~平成6年)

出来事
平成2年 10月 市立図書館会館
国勢調査人口69,803人
平成3年 4月 第3次総合計画スタート
7月 アメニィティ協定発足
9月 ゆとり創造都市宣言
平成4年 4月 犬山商工会議所創立
6月 ザンクト・ゴアルスハウゼン市と友好都市提携
平成5年 4月 都市景観条例制定
市ごみ減量実施計画策定
7月 図書館に「サル文庫」オープン
平成6年 4月 名誉市民に成瀬正俊氏
10月 わかしゃち国体開催

▲ページのトップへ戻る

●1995年~1999年(平成7年~平成11年)

出来事
平成7年 4月 犬山国際観光センター完成
石田芳弘氏 市長に就任
10月 国勢調査人口71,342人
平成8年 3月 市内に温泉湧出
4月 第1回犬山お城まつり
国際会議観光都市に指定
平成9年 4月 ごみの4分別とごみ袋の透明・半透明化を実施
6月 楽田地域コミュニティ推進協議会設立
平成10年 7月 環境4条例施行
11年 ねんりんピック'98愛知・名古屋「3世代交流マラソン大会」
平成11年 1月 各務ヶ原市と交流事業に関する覚書を調印
4月 第4次総合計画スタート
情報公開条例・個人情報保護条例施行
10月 羽黒地区等コミュニティ推進協議会設立
11月 全国雑木林会議'99あいち

▲ページのトップへ戻る

●2000年~2004年(平成12年~平成16年)

出来事
平成12年 1月 旧加茂郡銀行羽黒支店復原施設(小弓の庄)オープン
3月 ツインブリッジ開通
7月 市内4コースでコミュニティバスがスタート
8月 宮崎県日南市と姉妹都市提携
9月 名誉市民に谷口清太郎氏
10月 中本町まちづくり拠点施設(どんでん館)オープン
国勢調査人口72,583人
平成13年 1月 新成人主催による「新成人の集い」はじまる
2月 アメリカデービス市と姉妹都市提携
3月 犬山城の新管理契約調印
市民活動支援条例を施行
4月 粗大ごみの有料戸別収集スタート
楽田ふれあいセンターオープン
市キャラクター「わん丸君」デビュー
名古屋経済大学と交流に関する覚書を調印
6月 市民健康館(さら・さくら)オープン
7月 日本ラインフィルムコミッション連絡協議会設立
9月 市民活動支援センター(しみんてい)オープン
平成14年 2月 戸籍事務を電算化
3月 全市博物館構想を発表
余坂木戸口まちづくり拠点地(余遊亭)オープン
4月 環境基本条例を施行
犬のパトラが市の職員(職犬)に
6月 環境で輝くまち犬山宣言
8月 住民基本台帳ネットワークシステムがスタート
10月 ケーブルテレビが開局
平成15年 4月 家庭動物愛護のまち犬山宣言
木曽川慣行株式会社設立
5月 さくら工房オープン
霊長類研究所と交流に関する覚書調印
東京大学愛知演習林と地域交流に関する協定を締結
9月 日本ライン広域地域が観光空間づくりモデル事業に選定
平成16年 2月 日本ライン広域観光推進協議会設立
5月 犬のレイが市の職員(職犬)に
6月 第1回犬山踊芸祭
犬山城下町再生計画が国の地域再生計画に認定
7月 名古屋工業大学と相互友好協力協定書を調印
10月 名誉市民に河合雅雄氏

▲ページのトップへ戻る

●2005年~2009年(平成17年~平成20年)

出来事
平成17年 2月 全国古城絵巻五十撰完結
5月 愛知万博犬山市の日開催
8月 木曽川景観協議会設立
10月 第1回城下町秋まつり開催
国勢調査人口74,294人
11月 第1回犬山マウンテンバイクフェスティバル今井ステージ開催
平成18年 3月 登録有形文化財旧磯部家住宅オープン
5月 中部大学と相互友好協力協定書調印
6月 里山学センター開設
7月 愛知北エフエム放送開始
12月 田中志典氏 市長に就任
平成19年 5月 美しい日本の歴史的風土100選に「木曽川と城下町」が選定
8月 全市博物館シンポジウム開催
12月 犬山商工会議所、名古屋経済大学と産学官連携交流協定を締結
平成20年 4月 名誉市民成瀬正俊氏逝去
6月 名誉市民故成瀬正俊市葬
平成の名水100選に「八曽滝」が認定
市民健康館(さら・さくら)が公共建築賞の優秀賞を受賞
7月 新庁舎起工式
10月 余坂木戸口まちづくり拠点地(余遊亭)別館オープン

▲ページのトップへ戻る

●2010年~2014年(平成21年~平成26年)

出来事
平成21年 7月 剪定樹木チップ化開始
11月 新庁舎完成
12月家庭系可燃ごみの指定袋制度を導入
平成22年 1月 平成55周年記念式典・記念事業「まき巻きフェスタ」開催
3月 城下町の電線類地中化
4月 ロンドンブーツ1号2号田村淳氏犬山観光特使に任命
10月 国勢調査人口75,198人
湿地サミット開催
栗栖木曽河川敷芝生公園完成
12月 東小学校区コミュニティ推進協議会設立
平成23年 1月 国土交通省の「手づくり郷土賞」大賞受賞
(犬山北のまちづくり推進協議会と犬山市)
3月 城下町地区の道路美装化
消防署南出張所完成
4月 第5次総合計画スタート
城下町で歩行者天国スタート
5月 犬山西地区コミュニティ推進協議会設立
8月 ロングラン花火復活
犬山観光特使見習い「サムタイムズ」任命
平成24年 2月 兵庫県篠山市と災害応援協定締結
5月 女性鵜匠見習い任命
木曽三川流域自治体サミット開催
旧堀部家住宅グランドオープン
6月 ドイツ ザンクト・ゴアルハウゼン市友好都市締結20周年記念植樹
東之宮古墳を発掘調査
9月 犬山特産品館リニューアルオープン
10月 文化資料館リニューアルオープン
平成25年 3月 楽田駅東広場整備
楽田児童センター移転オープン
6月 子ども未来園の園庭を芝生化
9月 今井小学校区コミュニティ推進協議会設立
平成26年 2月 大韓民国慶尚南道咸安郡と姉妹都市提携
3月 犬山富士線上野跨線橋完成開通
4月 篠山市と姉妹都市提携
羽黒中央公園多目的スポーツ広場お披露目

▲ページのトップへ戻る

平成21年新市庁舎が誕生

昭和初年に建設されて以来、50年以上にわたって市政の中心となってきた市庁舎が、新市庁舎として生まれ変わることになりました。 これまでの市庁舎は長年増築を繰り返してきたが、「狭いため周辺施設に行政機能が分散している」 「エレベーターを設置できず高齢者や障害者にやさしくない」「耐震性の不足」「駐車スペースの不足」など、いくつもの課題を抱えていました。 新市庁舎では、「行政情報・防災・交流の総合拠点として新しいまちづくりの核となるシティーホール」を基本理念として、 エントランスから見渡せる窓口、市民開放施設の夜間・休日の利用、免震構造など紡災機能の充実、人にやさしいバリアフリーやユニバーサルデザイン、 エコガラス、屋上緑化、太陽光発電、地熱利用の空調システムなどの環境配慮といった、さまざまな工夫を盛り込んでいます。

新市庁舎が誕生

▲ページのトップへ戻る

姉妹都市

立山町(富山県)

立山連峰や、立山黒部アルペンルlトで知られる立山町。犬山市とは、旧国鉄と名鉄の相互乗り入れによる「北アルプス口さが、犬山・立山聞を結んだことを記念し、昭和特年に姉妹都市として提携しました。

立山町(富山県)
日南市(宮崎県)

宮崎県南部で日向灘を望む日南市には、全国有数のリアス式海岸があります。飫肥城主伊東氏の娘が、初代犬山城主成瀬正成の弟正武の夫人だったことから市民の交流が始まり、 平成12年に姉妹都市として提携しました。

日南市
デービス市(アメリカ・カリフォルニア州)

サンフランシスコ北東の都市デーピス市は、大学都市であるとともに、ソーラー発電などが発達した環境先進都市でもあります。 犬山市とはマラソン選手派遣などの交流があり、平成13年に姉妹都市として提携しました。

デービス市

▲ページのトップへ戻る

友好都市

襄陽市(中国・湖北省)

漢水の中流域の古都、襄樊は、三国志の古戦場としても有名で、政府から歴史的文化的都市の指定も受けています。 近代工業都市としても発展が続き、犬山市とは珍猿「金絲猴」が縁で、昭和58年に友好都市となりました。

襄陽市
ザンク卜・ゴアルスハウゼン市(ドイツ)

ドイツ・ライン川沿岸でローレライ伝説でも世界的に有名な観光都市。犬山市とは日独「ライン」下りの民間企業が友好提携したのを きっかけとして、市レベルの交涜に発展し、平成4年に友好都市となりました。

ザンク卜・ゴアルスハウゼン市

市制60周年記念事業を動画で見る

イベントカレンダーを見る